Honda Global Leader Talks


イメージ 1

Hondaのマネジメント層向けフィロソフィー本「Honda Global Leader Talks」です。
右が英語版、左が日本語版(非売品)。

イメージ 2

かつては本田社長がみかん箱の上に立って直接話していましたが、組織が大きくなるにつれ
末端までトップの考え方を伝えるのが難しくなりました。

イメージ 3

そこで社史編纂とあわせて書籍化したのが「TOP TALKS」です。昭和59年2月発行。青山本社はまだ建設中で、原宿に本社がありました。本田さん、藤澤さん、河島さんのお話が掲載されています。

イメージ 4

こちらは2006年11月、福井社長の時代に刊行されたもの。上記3人に加え久米さん、川本さん、吉野さん
のお話が載っています。とじこみでDVD付。

イメージ 5

「Global Leader Talks」は、各地域のトップマネジメントに焦点をあて、自らの体験からHondaフィロソフィーの大切さを語る本になっています。

イメージ 6

Hondaにとって一番大切な財産は、本田さんと藤澤さんが残した企業哲学(フィロソフィー)です。
これがアソシエイト一人ひとりに受け継がれることによって、万物流転の法則から逃れ、企業の永続性を担保することが可能となります。

イメージ 7

2017年度は米国の法人税減税により,、はじめて1兆円の利益(国内企業4番目)を達成しました。
これからも「存在を期待される企業」であり続けてほしいですね。

この記事へのコメント