平昌五輪 マイナス20度の極寒を耐え抜け!


イメージ 1

2月9日 (金) 20:00~22:30開催される平昌五輪開会式。会場となる平昌オリンピックプラザの気温はマイナス15度体感気温はマイナス20度以下が予想されています。
晴れた日中でもこの気温、ろくに雪がないのに突き刺すような寒さ。


関連:
平昌五輪のアルペンスキー会場をご覧ください
https://hondacrf.seesaa.net/article/a65906675.html

平昌五輪 龍平リゾート営業開始
https://hondacrf.seesaa.net/article/a65916795.html


イメージ 16

来場者に配布される防寒具セット(写真)。こんなペラペラの雨合羽で寒さが防げるとでも?
スタジアムで踊ってもらう」「会場全体に風除けを設置する」などの対策も表明していますが、最初から屋根つけとけよ・・・

イメージ 2

イメージ 15
スキージャンプのアルペンシアリゾートはマイナス21.5度風速7.3m/s。FIS規定では3m/s以下に抑えることが競技の条件。昨年11月に日本に依頼した防風ネットが完成しましたが・・・日本のせいニダ!

イメージ 3

スキー大回転の会場である龍平リゾート山頂もマイナス21.5度。3週間前から人工降雪機フル稼働で見た目は準備できてますが・・・

イメージ 4

ゴール地点では重機が朝早くから稼動中(1月13日現在)。どうみてもまだ骨組み

イメージ 5
イメージ 7
イメージ 14

ちなみに自然降雪は38.8cm。これだけ寒いのに地面が見える程度しか降ってません。大回転もジャンプもすべて人工雪(氷床)。



イメージ 6

北朝鮮情勢が緊迫する中、トランプ大統領と安倍首相は欠席、ドーピング問題で選手が参加しないプーチン大統領も欠席、THAAD問題でこじれている習近平も欠席、序列7位(笑)の韓正党政治局委員(江沢民派)を派遣する予定



イメージ 12

小池都知事も出席しません。



イメージ 13

通常の10倍以上の宿泊料金をふっかけていた木賃宿は、地元自治体の「値下げに応じなければ消防法に基づき検査する」という脅しに屈し、2倍程度の適正価格?に。つまりほぼすべての宿泊施設が消防法に適合していない、。それでも予約がなく、悲鳴を上げてます。



イメージ 11
イメージ 8

30%しかなかったチケット消化率が急に60%まで掃けた、という報道も、自治体・企業へ強制的に割当てただけ。もともとウィンタースポーツがまったく根付いていないので、F1の二の舞になるのは火を見るより明らか。観客席に案山子と慰安婦像が並ぶ姿が目に浮かびます。

イメージ 9

仮に安倍首相が出席したら、売春婦BBAが泣き叫びながら人糞を投げつける
くらいのことは平気でやります(断言)。


イメージ 10

日本は国民感情を背景にチョンを見捨てることができる国になりました。「最終的かつ不可逆」な国家間合意を蒸しかえすようなキチガイを相手にするのは時間の無駄です。選手や関係者は気の毒ですが、我々は暖かい部屋で、現地に突撃するユーチューバー(人柱)の報告を待ちましょう。

この記事へのコメント