日大板橋病院 入院生活 その2

0001.JPG
入院生活の数少ない楽しみが食事。日大板橋の病院食は1食460円。70歳以上で低所得だと100円で、入院費とは別会計になります。

0002.JPG
自宅ではありえない貧相な(健康的な)メニュー。550Kcal前後で主食(ごはん/パン)、主菜、副菜(果物)、汁物、お茶。人によってごはんの量(100g/150g/200g)やおかず、飲み物が異なります(一般食、たんぱくコントロール食、糖質コントロール食など)。トレイが日大のスクールカラーであり校章である桜色です。

0004.jpg
0005.jpg
0006.jpg
0007.jpg
0008.jpg
0009.jpg
0010.jpg
おわかりいただけただろうか・・・

0011.JPG
入院中はこのクッキーが毎日出ました。間食でもない限り食卓にクッキーはありえませんが、これはキッセイ薬品の栄養補助食品「丸型ニューマクトンビスキー」で、1袋120円(2枚入り)の商品。たんぱくが出ていたので、投薬に加え食事で改善するためのものです。入院中はなぜクッキー?と疑問でしたが退院後にググって納得しました。
https://healthcareinfo.kissei.co.jp/product/energy/product_0080.html

0012.JPG
パンはほかほか焼きたて、近所のベーカリーより美味しいです。逆に米はぼそぼそして不味かった。白米ではなく大麦入りだったのかもしれません。パンには必ずマーガリンとジャムがついてきます。片方ではなく両方使う前提でカロリー計算されてるそうです。

0015.JPG
他には調整豆乳、バナナ、ヤクルトジョアがよく出ました。入院中の食事は栄養士監修による理想的な食事なので、デジカメで撮影しておき、退院後の参考にしています。

その3につづく

この記事へのコメント