日大板橋病院 入院生活 その1

0001.JPG
日本大学板橋病院に入院しました。入院前にググったのですが、必要な情報がほとんど見つからなかったので記録として残しておきます。

0002.JPG
これまでの人生で入院した経験はありません。先生から2週間の予定で入院を言い渡され、入退院フロントでパンフをもらい必要なものを揃えました。

0003.JPG
寝巻きやタオルは1日500円で借りることができますが、私のように長期にわたる場合、パジャマかジャージを持ちこんだ方が節約できます。各フロアにはランドリーがあり、200円で洗濯・乾燥ができます。シャワーは毎朝6時にナースステーションで予約可能(一人30分)、早い者勝ちなので6時前に並んだほうがいいでしょう。歩行困難など重度の方には専用の時間枠があり、看護士による介助で入浴できます。入院当日は入浴できません。

0004.JPG
必要なものは着替えのほかコップと歯ブラシ、歯磨き粉、電気シェイバー(充電器含む)、箱ティッシュ、ボディソープとシャンプー、タオルとバスタオル、ボールペン、イヤホンまたはヘッドホン(TV視聴の音漏れ防止のため)。自分は耳かきと卓上時計も持ち込みました。室内履きはかかとのあるもので、スリッパやサンダルは不可。入院手続き時は書類を書いたり印鑑(シャチハタ不可)を押す必要があるので持参しましょう。

0005.JPG
ベットには空きコンセントがひとつあり、充電できます。

0006.JPG
冷蔵庫はこのサイズ。自分はペットボトルに蛇口で水をくんで入れてました。歩行困難な方は看護士さんに頼めば下のコンビニで買い物してくれます。

0007.JPG
0008.JPG

TVはアクオスの19インチ。地下1階で購入できるテレビカード(1枚1000円)で視聴できます。時間制なのでこまめに電源を切ったほうがいいでしょう。ランドリーも同じカードを使います。洗剤は30円でカードが使えないので10円玉を用意しておきましょう。カードは退院時に未使用分を清算できます。

0009.JPG
外部入力端子が豊富なので、その気になればPS4を持ち込んでプレイすることも可能(テレビカードを消費しますが)。これをやればナースステーションで時の人になれるでしょう(笑)

0010.JPG
布団はフランスベット。週に一度、患者を部屋外に出しての大規模清掃があり、その時にシーツも含め交換されます。院内感染対策で清掃は毎日あります。

0011.JPG
部屋は8人/3人/2人/個室の4種類で、設備によって費用が異なります(~+44000円/日)。個室は専用のユニットバス・トイレ付。入院前のブリーフィングで選択します。大部屋のほうがナースステーションやトイレに近く便利です。

0012.JPG
日大板橋は残念ながらPC持込禁止。地下1階に有料ネットPC(10分100円)が1台だけありますが、通路にあり周囲から丸見えなので誰も使ってる人はいませんでした。スマホや通話もエレベーターホール限定です。

0013.JPG
入院は時間との戦いです。携帯ゲーム機や音楽プレイヤー、ラジオは持ち込みOK。ナースステーション受付の下に読み終わった雑誌があるのでそれを漁ったり、地下一階のコンビニの営業時間前に外に出て正門横にあるファミマで新聞を買ってました。あとは小説ですね。タブレットPCは不可ですが電子書籍リーダーはアリだと思います。

0014.JPG
起床6時、朝食8時、昼食12時、夕食18時、消灯21時。日によっては5時台に起こされ採血することも。とにかく夜が長いので、暇だからと昼間寝てしまうとキツイ。隣の方のいびきがすごくて、PSPやiPodで必死に防御していました。慣れるまで大変でしたね。

その2につづく

この記事へのコメント